ボイマンス美術館所蔵 ブリューゲル「バベルの塔」展 ボイマンス美術館所蔵 ブリューゲル「バベルの塔」展 TOP

奇想の画家ボス 傑作2点初来日!

クリック
詳しくはコチラ

ブリューゲルの最高傑作 24年ぶり奇跡の来日!

クリック
詳しくはコチラ

16世紀が熱狂したボス・リバイバル

クリック
詳しくはコチラ
Original  framed ピーテル・ブリューゲル1世 「バベルの塔」1568年頃 ボイマンス美術館蔵 Museum Boijmans Van Beuningen, Rotterdam, the Netherlands 1568年頃 作の「バベルの塔」
ピーテル・ブリューゲル1世 ボイマンス美術館蔵
Credit  bg
ブリューゲルの最高傑作 24年ぶり奇跡の来日!
スクロールしてお楽しみ下さい。
Book cover Book p1
Book p2 Book p3
Book p4 Book back
Book p1 Book p2
Book p3 ie Book p4
POINT 1 POINT 1 - 想像の巨塔を建てるための細部にわたるリアルな建設現場
POINT 1 - 想像の巨塔を建てるための細部にわたるリアルな建設現場
Pointer Point1  text1 Point1  circle1
Pointer Point1  text2 Point1  circle2
Pointer Point1  text3 Point1  circle3
Pointer Point1  text4 Point1  circle4
POINT 2 誰も想像できなかった壮大な構図
POINT 2 - 誰も想像できなかった壮大な構図

ブリューゲルの最高傑作 24年ぶり奇跡の来日!

ピーテル・ブリューゲル1世 《バベルの塔》1568年頃、油彩、板

ピーテル・ブリューゲル1世 《バベルの塔》1568年頃

M  bruegel  book

ブリューゲルの「バベルの塔」は
なぜ傑作なのか?

POINT1
想像の巨塔を建てるための
細部にわたるリアルな建設現場

ピーテル・ブリューゲル1世 《バベルの塔》1568年頃、油彩、板
Point1  circle1
木材で組んだ足場にレンガをはめた後に足場を崩す当時の建築技法を正確に描写
Point1  circle2
材料となるレンガと漆喰を運んだ痕がつく壁面。
持ち上げるクレーンも当時のものを忠実に描いている(旧約聖書には、塔の建築素材を“レンガ”と“タール(tar)”と書かれており、 “タール”はアスファルト、石灰と諸説ある)
Point1  circle3
正確に描写された船舶。塔には入港を審査する関所や内部への引き入れるための水路も。
Point1  circle4
ガラス板がはめられ、柱に彫像が置かれた教会と思われる場所に向かう人の行列。建設に関わる人々が塔内で生活していることをうかがわせる。

これらの他にも
いくつもの物語が描かれています。

Point1  circle6  m Point1  circle5  m Point1  circle7  m Point1  circle8  m

POINT2
誰も想像できなかった壮大な構図

他の画家による14〜15世紀の「バベルの塔」の作例が数階建ての塔を建設する人々を描くのに対し(参考作品1、2)、ブリューゲルは地平線まで見渡すパノラマを背景に、巨大な塔を画面一杯に配置。卓抜した想像力によって、かつて誰も思いつかなかった壮大なスケールで伝説の塔を描くことに成功した。ボイマンス美術館の作品は、 ブリューゲル自身が以前に描いた「バベルの塔」(参考作品3)より作品サイズは小さいものの、画面に対して塔をより大きく、高く描き、 さらなるスケール感を追求している。

Babel pic1 *参考作品1:作者不詳《バベルの塔》1340年頃
(「ルドルフ・フォン・エムズの世界史」より)
Württembergische Landesbibliothek, Stuttgart
Babel pic2 *参考作品2:作者不詳《バベルの塔》1433年頃
(「ベットフォード公の時禱書」より)
The British Library Board. Add. MS 18850
Babel pic3 *参考作品3:ピーテル・ブリューゲル1世《バベルの塔》1563年
ウィーン美術史美術館
©bpk
Original  framed ピーテル・ブリューゲル1世 《バベルの塔》1568年頃

ピーテル・ブリューゲル1世
(c.1526/30-1569)

Bruegel portrait ヨハネス・ウィーリクス(版刻)
「ピーテルブリューゲル1世の肖像」(部分)
1600年
Museum Boijmans Van Beuningen,
Rotterdam, the Netherlands

「現存する油彩画はわずか40点余り」

16世紀ネーデルラント絵画を代表する巨匠。版画下絵作家として頭角を現し、後に油彩画の制作も行った。油彩画は特に希少で、現在、真作は40点ほどしか残されていないとされる。聖書の物語や人々の暮らしなど、素朴さの中におかしみや教訓などを盛り込んだ作品で知られる。

トップへ戻る トップへ戻る トップへ戻る トップへ戻る
トップへ戻る トップへ戻る トップへ戻る トップへ戻る